Yuuki TSUBOUCHI

坪内 佑樹 (TSUBOUCHI Yuuki) yuuki's profile image

略歴

さくらインターネット研究所研究員、Web System Architecture研究会副査。

2019年2月、さくらインターネット入社。Site Reliability Engineering(SRE)、Data-Intensive Applicationsに関する研究開発を担当。 2013年12月より株式会社はてなのWebオペレーションエンジニアおよびSREとして従事しつつ、業務の傍らで論文執筆。技術を使うことに加えて、技術を創ることを志し、技術者から研究者へ転向。 技術者としては、YAPC::Asia 2013/2015、AWS Summit 2017などの登壇多数、学術研究の場では、情報処理学会IPSJ-ONE 2017にて情報科学分野で活躍する若手研究者として技術者ながら選出される。

所属

経歴

連絡先

研究開発テーマ

論文・発表・成果物

OSS

国際会議論文

  1. Yuuki Tsubouchi, Asato Wakisaka, Ken Hamada, Masayuki Matsuki, Hiroshi Abe, Ryosuke Matsumoto, “HeteroTSDB: An Extensible Time Series Database for Automatically Tiering on Heterogeneous Key-Value Stores”, Proceedings of The 43rd Annual International Computers, Software & Applications Conference (COMPSAC), July 2019. (to apper)

査読付論文 (国内)

  1. 坪内佑樹, 脇坂朝人, 濱田健, 松木雅幸, 阿部博, 松本亮介, “HeteroTSDB: 異種混合キーバリューストアを用いた自動階層化のための時系列データベースアーキテクチャ”, インターネットと運用技術シンポジウム論文集, 2018, 7-15 (2018-11-29), 2018年12月. [論文] [発表資料]

査読無し論文 (国内)

  1. 松本亮介, 坪内佑樹, 宮下剛輔, “分散型データセンターOSを目指したリアクティブ性を持つコンテナ実行基盤技術”, 情報処理学会研究報告インターネットと運用技術(IOT), No.2019-IOT-44, Vol.27, pp.1-8, 2019年3月.

雑誌・書籍

  1. 井上大輔,粕谷大輔,杉山広通,田中慎司,坪内佑樹,松木雅幸, Mackerel サーバ監視[実践]入門, 技術評論社, 2017年8月26日
  2. 坪内佑樹, Mackerelではじめるサーバ管理 第17回 ロール編成の考え方, Software Design 2016年7月号, 技術評論社, 2016年6月18日
  3. 坪内佑樹, Mackerelではじめるサーバ管理 第13回 MackerelとServerspecを組み合わせたインフラテスト, Software Design 2016年3月号, 技術評論社, 2016年2月18日
  4. 坪内佑樹, Mackerelではじめるサーバ管理 第9回 Mackerelのアーキテクチャを知る, Software Design 2015年11月号, 技術評論社, 2015年10月17日
  5. 坪内佑樹, Perl Hackers Hub 第34回 DockerによるPerlのWebアプリケーション開発, WEB+DB PRESS Vol.88, 技術評論社, 2015年8月24日
  6. 坪内佑樹, Mackerelではじめるサーバ管理 第6回 Mackerel周辺の運用ツールとAWS連携ノウハウ, Software Design 2015年8月号, 技術評論社, 2015年7月18日
  7. 坪内佑樹, Mackerelではじめるサーバ管理 第3回 運用しながら育てるサーバ監視のルール, Software Design 2015年5月号, 技術評論社, 2015年4月18日

講演 (国内)

  1. 坪内佑樹, 自然のごとく複雑化したウェブシステムの自律的運用に向けて, 人工知能学会 合同研究会 第3回ウェブサイエンス研究会(招待講演), 2017年11月24日
  2. 坪内佑樹, 高度に発達したシステムの異常は神の怒りと見分けがつかない, IPSJ-ONE 2017, 2017年03月18日
  3. 坪内佑樹, サーバモニタリング向け時系列データベースの探究, 第9回インターネットと運用技術シンポジウム(IOTS2016)(招待講演), 2016年12月01日

口頭発表(国内)

  1. 坪内佑樹, エッジコンピューティングに向けた分散キャッシュ技術の調査, 第4回ウェブシステムアーキテクチャ(WSA)研究会, 2019年4月13日
  2. 坪内佑樹, わたしの研究開発紹介 - 技術者から研究者へ -, 2019年4月10日
  3. 坪内佑樹, SREへの機械学習適用に関するサーベイ, MACHINE LEARNING Meetup KANSAI #4 LT, 2019年3月27日
  4. 坪内佑樹, 超個体的DBクエリキャッシング構想, Hosting Casual Talks #5, 2019年3月22日
  5. 坪内佑樹, ゆううきの研究開発まとめ (2019年2月版), さくらインターネット研究所 研究会 2019.02.13, 2019年2月13日
  6. 松本亮介(代理発表), アプリケーション実行環境におけるセキュリティの話, 福岡ゆるっとIT交流会 vol.9「セキュリティの話を聞こう」, 2019年1月25日
  7. 坪内佑樹, SRE, Mackerel Drink Up #8 Tokyo, 2018年12月11日
  8. 坪内佑樹,古川雅大, TCP接続の追跡による簡略化されたネットワーク依存関係グラフの可視化基盤, 第3回ウェブシステムアーキテクチャ(WSA)研究会, 2018年11月17日
  9. 坪内佑樹, サーバレス時代におけるヘテロジニアス時系列データベースアーキテクチャ, ウェブシステムアーキテクチャ(WSA)研究会 第2回, 2018年05月12日
  10. 坪内佑樹, TimeFuzeアーキテクチャ構想 - 処理とデータとタイマーを一体化したデータパイプライン, ウェブシステムアーキテクチャ(WSA)研究会 第1回, 2017年12月23日
  11. 坪内佑樹, はてなシステム構想, ペパボ・はてな技術大会@福岡, 2017年10月07日
  12. 坪内佑樹, Webシステムをデータセンター移行するときに考えること, Hosting Casual Talks #4, 2017年09月30日
  13. 坪内佑樹, RedisのCPU負荷対策パターン, Kyoto.なんか #3, 2017年08月19日
  14. 坪内佑樹, 時系列データベースという概念をクラウドの技で再構築する, AWS Summit Tokyo 2017, 2017年06月01日, 動画
  15. 坪内佑樹, Go言語をほぼ毎日書いている話 (序) , そうだ Go、京都。, 2017年04月29日
  16. 坪内佑樹, AWSでつくる時系列データベース, リクルートテクノロジーズ社内勉強会, 2017年04月28日
  17. 坪内佑樹, mkr + peco + tmux + ssh, Mackerel Meetup #10 Tokyo, 2017年04月27日
  18. 坪内佑樹, ウェブオペレーションエンジニアになるまでの思い出, Hatena Engineer Seminar #7 @Tokyo, 2016年12月06日
  19. 坪内佑樹, Mackerelにおける時系列データベースの性能改善, ペパボ・はてな技術大会〜インフラ技術基盤〜 at 福岡, 2016年07月09日
  20. 坪内佑樹, はてなにおけるLinuxネットワークスタックパフォーマンス改善, はてな・ペパボ技術大会〜インフラ技術基盤〜 at 京都, 2016年07月02日
  21. 坪内佑樹, ウェブサービスのCentOS5撤退, Hosting Casual Talks #3, 2016年06月25日
  22. 坪内佑樹, Droot Internals, 第9回コンテナ型仮想化の情報交換会@福岡, 2016年04年23日
  23. 坪内佑樹, ウェブアプリケーション開発に新言語を採用したときにインフラで考えたこと, 第3回関西ITインフラ系勉強会, 2016年02月27日
  24. 坪内佑樹, Writing Tools in Go For Ops Engineers, Go 1.6 Release Party, 2016年02年17日
  25. 坪内佑樹, ウェブアプリケーションフレームワークの向こう側, はてなインターン2015講義, 2015年8月
  26. 坪内佑樹, 技術ブログを書くことについて語るときに僕の語ること, YAPC::Asia Tokyo 2015, 2015年08月20日
  27. 坪内佑樹, Dockerはもう古い これからはchroot, Hosting Casual Talks #2, 2015年06月27日
  28. 坪内佑樹, Docker Performance on Web Application, Docker Meetup Tokyo #4, 2015年01月17日
  29. 坪内佑樹, Mackerel-Based Server Metrics Visualization, 可視化ツール現状確認会, 2015年06月04日
  30. 坪内佑樹, オンプレミスとクラウド、そしてDocker, Hatena Engineer Seminar #3 @ Tokyo, 2014年12月02日
  31. 坪内佑樹, ISUCONでNginxとMySQLをDocker化したときのパフォーマンス, 第5回 コンテナ型仮想化の情報交換会@大阪, 2014年11月14日
  32. 坪内佑樹, ヘビーなGraphite運用, Monitoring Casual Talks #6, 2014年06月12日
  33. 坪内佑樹, tmux + ssh + Mackerel API, Hosting Casual Talks #1, 2014年06月08日
  34. 坪内佑樹, Docker運用の観点からみたLXC, 第3回コンテナ型仮想化の情報交換会@大阪, 2014年4月12日
  35. 坪内佑樹, なにもわからないところから始めるJVMモニタリング, JVM Operation Casual Talks, 2014年04月07日
  36. 坪内佑樹, Docker使ってたらサーバがゴミ捨て場みたいになった話, Immutable Infrastructure Conference #1, 2014年03月25日
  37. 坪内佑樹, Sensu & Graphite Modern Monitoring Tool, Monitoring Casual Talk in Kyoto, 2014年11月30日
  38. 坪内佑樹, はてなのサーバ管理ツールの話, YAPC::Asia 2013, 2013年9月20日
  39. 坪内佑樹, サーバのメトリクス取得とグラフ化, Kyoto.pm 05 Tech Talks, 2013年7月14日

パネルディスカッション

  1. 坪内佑樹, SRE(#nwc_sre), 次世代Webカンファレンス 2019, 2019年01月13日 動画
  2. 坪内佑樹, トークセッション, はてな・ペパボ技術大会 #4 〜DevOps〜 @京都, 2018年6月23日
  3. 坪内佑樹, 人はなぜミドルウェアを作ってしまうのか?, CROSS 2017, 2017年09月07日
  4. 坪内佑樹, Hatena Engineer Seminar #7 @ Tokyo, 2016年12月6日
  5. 坪内佑樹, 最前線で戦う若手インフラエンジニアたちが語る「技術トレンド」と「数年後の未来」, July Tech Festa 2015, 2015年07年26日

競技

  1. ISUCON6 予選出題者
  2. ISUCON5 本戦出場
  3. ISUCON4 本戦出場

インタビュー

  1. はてなニュース, レンサバの常識を覆す「なめらかなシステム」に挑む──運用技術を学術研究して実際のサービスへ適用, 2017年01月
  2. はてなWebオペレーションエンジニア座談会, 10年続くサービスを、インフラ技術で支える, 2016年12月
  3. はてなニュース, Yahoo! JAPANの新しいメッセージングシステムと、それをOSSで開発するエンジニアの素顔, 2016年12月
  4. はてなニュース, 秒間100万リクエストを支えるオープンソースのコードを書くヤフーのインフラチームに、はてなエンジニアが迫る, 2016年04月

寄稿

  1. 坪内佑樹, はてなWebオペレーションチームのテックリード, 2017年10月12日
  2. 坪内佑樹, はてなのサーバ・ネットワーク基盤技術を探究するインターンの紹介, 2017年06月23日
  3. 坪内佑樹, 2016年はてなWebオペレーションエンジニアのアウトプット, 2016年12月28日
  4. 坪内佑樹, 2016年ウェブオペレーションエンジニアの新卒研修, 2016年07月25日
  5. 坪内佑樹. リモートワークにおけるSlack Call活用と終業15分前の雑談, 2016年04月28日
  6. 坪内佑樹, インフラエンジニアがGo言語でオペレーションツールを書くことについて, 2016年03月24日
  7. 坪内佑樹. はてなにおける日々の仕事の中にあらわれるMackerelの活用, 2015年12月19日

著作権に係る注意事項

情報処理学会に投稿された論文の著作権について: 論文の著作権は情報処理学会に帰属します。論文は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願い致します。

About the copyright of the paper submitted to the Information Processing Society: The copyright of the paper is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). The paper is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof.